ずぼらダイエット

ピットソールの寿命は使用頻度で変わる!買い替え時期や長持ちのコツも紹介

姿勢を良くしてくれる話題のインソール「ピットソール」は、毎日使うようにオススメされています。

でも、ずっと使っていいのか?どれくらいもつのか?気になりますよね。
ピットソールの寿命使用頻度などによって決まってきます。

ピットソールの寿命買い替え時期について詳しく調査しました。
また、ピットソールをなるべく長持ちさせるコツもご紹介します♪

\3足買えば1足無料♪/

*送料無料*

ピットソールの寿命は?買い替えのポイント3つ

ピットソールの寿命は、毎日使用した場合約3か月といわれています。

しかし、これはあくまで目安。
人によって使用状況や管理状況が異なるため、ピットソールの寿命も人によって変わります。

限界を迎えているのに、使い続けるのはNG
なぜなら、ピットソールの効果を十分に活かすこと出来ないからです。

定期的にチェックして、ピットソールが寿命を迎えていないか確認しましょうね♪

ピットソール公式サイトはコチラから

ピットソールの寿命、交換の目安には3つのポイントがあります。

ピットソール交換の目安
  1. パッドの部分がつぶれてきたり、硬くなってきた
  2. 表面が破れたり、つぶれてきた
  3. 変形してきた

ではそれぞれ詳しく解説していきます!

①パッドの部分がつぶれてきたり、硬くなってきた

 

ピットソールには、姿勢をサポートする機能が充実。
そのためのパッドが表面にあります。

そのパットがつぶれたり、硬くなってきたら寿命です。
しっかりとした効果が期待できなくなってしまうので、新しいものに取り換えたほうがいいですね!

②表面が破れたり、つぶれてきた

ピットソールの表面が破れたり、つぶれてきた時も買い替え時です。
潰れたピットソールは、十分なクッション性がなくなっているということ。

クッションがしっかりしていないと、その分しっかりと体重を分散することができません。
足への負担も大きくなるので、買いかえたほうがいいですね!

③変形してきた

ピットソールが反り返るなど、変形してきた時も買い替え時です。

どうしても長時間使っていると、足の親指の付け根のあたりに体重がかかりがち
そのため、クッションがへこみ、反り返りやすいんだそう。

一部だけへこんでいるという事は、バランスも悪くなりそうですよね…

ピットソールが寿命を迎えたら買い替えよう!

ご自分のピットソールの状況はどうですか?
寿命を迎えたピットソールでは十分な効果は期待できません。

もしお手持ちのピットソールがダメになっていたら…
しっかりと効果を得るために、新しいものに買い替えることをオススメします

ピットソール公式サイトはコチラから

よつば
よつば
新しいピットソールに買い替えて、しっかり効果を出していきたいですね♪

ピットソールの寿命を決める5つの要因

ピットソールの寿命は人によります。
安いものではないので、なるべく長く使いたいですよね。

では、何が寿命を決める要因になるのでしょう?
寿命を決める要因は5つ考えられます。

ピットソールの寿命を決める5つの要因
  1. 使用頻度
  2. 体重
  3. 歩き方の癖
  4. 使用状況
  5. 保管状況

たくさんの要因がありますね…
それぞれ解説します。

①使用頻度

頻繁に使用するほど、インソールはダメージを受けやすくなります。
毎日履くのと、1週間に1回履くのでは寿命に差が出るのは当然ですよね。

使用頻度が高い人は、あまり長持ちしないと思っておいたほうがよさそうです。

②体重

体重が大きい人ほど、足にかかる負荷が大きくなります。

体重40㎏の人と、80㎏の人だと支える重さが倍違います。
重いほうが早くつぶれてきそうというのは、イメージがつきやすいですよね。

ピットソールのダイエット効果で体重が減れば、もっと長持ちしてくるかも…?

③歩き方の癖

体のバランスや歩き方の癖によって、足の特定の部位に負荷がかかります。
このような場合には、その部位に集中的な圧力を受けるので、早く消耗してしまう可能性があります。

バランスが悪いと体に負担もかかります。
自分のインソールをみて歩き方の癖を確かめてみるのもいいかもしれませんね!

④使用状況

ピットソールの寿命は使用状況によっても異なります。

例えば、散歩しかしない場合に比べて、スポーツやアウトドアで使用する場合には、激しい動きや衝撃が加わりますよね。
そのぶんピットソールの寿命も短くなる可能性があります。

また、湿った環境や、汚れの多い場所でも早く消耗することがあります。
使い方で寿命が変わると覚えておきましょう♪

⑤保管状況

ピットソールに限らず、インソールの寿命には保管状況も関係します。
湿度の高い場所では、インソールの材料が変質しやすくなります。

インソールの最大の敵は湿気ともいわれているようです。
毎日履いて蒸れたり、風通しの悪い靴箱で保管していると早く傷んでしまうかも…!

ピットソールを長持ちさせるコツ

ピットソールを長持ちさせるには湿気に注意しましょう。
また、毎日履くよりも、1日履いたらお休みさせることも効果的。

以下に具体的な方法を記載しました!

ピットソールを長持ちさせるコツ
  • 毎日履かない
  • 何足か用意して順番に休ませる
  • 履いた後はしっかり乾燥させる
  • 濡れたままにしない

ピットソールはなかなかお高めのインソールなので、ここは何としても長持ちさせて大事に使いたいところ。
長持ちさせるためには、何足か持っておくことが必須ですね。

公式サイトでは、まとめ買いでお安くなるキャンペーンも開催中♪
買い替えを検討している人はぜひ何足か購入しておくことをオススメします!

\3足買えば1足無料♪/

*送料無料*

まとめ

ピットソールの寿命についてまとめ
  • ピットソールの寿命は毎日使用で約3か月
  • 寿命の目安はパッドの部分のつぶれや、表面の破れ、変形など
  • 使用状況や体重、歩き方の癖により寿命は変わる
  • 長持ちさせるためには、湿気に注意
  • 履いた後はしっかり乾燥させることが効果的
  • 複数のピットソールを順番に使用すると長持ちする

せっかくのピットソール、大事に履きたいですよね。

しかし、寿命が来てしまったピットソールでは効果はダウン。
ちゃんと効果を得るためにも、寿命が来たら早めに交換しましょうね。